顔写真⑤相談.JPG

中間処理施設最終処分場に関すること、

何でもお気軽にご相談ください。

 

 

 

産業廃棄物処理施設設置許可

 

中間処理場・最終処分場

​許可取得まで長く険しい道のりになります。

土地の確保や事業計画の段階から​ご相談ください。

廃掃法の許可だけでなく、その他の規制法令が

かかってきますので調査が必要です。

​処分場を持つことで長期を見据えた安定的な

収益が見込めます。

​当事務所は、土地の調査、測量・設計、環境アセス、行政手続きをワンストップでサポートしております。

TMlogo.png

​行政書士 上床 紀貴  Toshiki Uwatoko

Deliver

ローダ

TMsupport行政書士事務所は、主に、産業廃棄物処理施設の許可業務を請け負っております。

「最終処分場を持ちたい、リサイクル施設を検討している」等、相談から始まります。そして、事業計画の策定、土地の調査、測量、設計、レイアウト協議、環境アセス、各種協議、住民説明会、許可申請など、許可を取得する迄の長い道のりをサポートしていきます。

中間処理施設、最終処分場の設置許可を取得するためには、廃物処理法だけではなく、様々な法律の規制がかかってきますので、手続きをはじめとする調査や設計資料の作業は膨大、かつ、専門的です。

また、産業廃棄物処理施設は、環境を守るための必要な施設なのですが、「迷惑施設」という見方をされる方も多いですので、関係住民とのやりとりもハードルが高いです。

しかし、簡単にとれる許可ではないだけに、処分場を持つことで、経営強化・利益、地位はもちろんのこと、社会に貢献できる誇らしい事業と感じています。

FLOW CHArT

木と山脈

​事業に関する無料相談

​現地調査・関係法令調査・実現性

測量技師

​レイアウト案作成・事業計画策定・経営判断

​調査・測量・設計、レイアウト協議、開発計画など

法律の見直し

環境アセス計画・調査
​行政折衝、関係者協議

行政手続き
廃掃法第15条許可、開発許可、工事関連許可、環境法関連許可など

プレゼンテーションを行います
環境労働者
建設現場での打合せ

廃棄物処理法は罰則しい!!」

廃棄物処理法、関連法令に関する無料相談実施中!!

 

事業を行ううえで、色んな法令の規制があります。知らないうちに法令違反をしていたとならないように、何事も始める前にご相談ください。

​廃掃法違反でなくても、関連法令に違反していた場合、おそれ条項により許可取り消しもあり得ます…。

 

廃棄物の処理及び清掃に関する法律では、厳罰をもってルールの徹底をはかっています。会社を守る為、ルールの見落としがないようにしなければ

 

なりません。

プラスチック汚染オーシャン

3億円以下の罰金

​法人の廃棄物投棄禁止違反・未遂含みます(法32条)

役所

6ヶ月以下の懲役、又は、

50万円以下の罰金

​欠格要件該当等届出違反、虚偽届出、無届出、マニフェスト関係違反(法29条)

環境汚染

5年以下の懲役、若しくは、1000万円以下の罰金又は併科

無許可営業、委託基準違反(無許可業者等への委託)、施設無許可設置、産業廃棄物の処理受託違反、廃棄物の投棄・焼却禁止違反、不法投棄未遂、不法焼却、など(法25条)​

ビジネスページ

​30万円以下の罰金

帳簿関係違反、責任者設置義務違反、立入検査拒否、など

​(法30条)

瓦礫のダンプ

3年以下の懲役、若しくは、1000万円以下の罰金または併科

委託基準違反、再委託禁止違反、施設改善命令・使用禁止命令違反、輸出入関係違反、不法投棄又は不法焼却目的物の廃棄物の収集又は運搬、など

(法26条)

ビーチのゴミ箱

両罰規定

​違反行為をしたときは、行為者を罰するほか、その法人、又は、個人に対しても、罰金刑を科する。(法32条)

「プロジェクトを必ず実現させる法律家」

顔写真④.JPG

 2012年4月に「行政書士うわとこ法務事務所」​として登録。

 業務として、ホストクラブ、キャバクラ、性風俗、スナック、BAR、居酒屋など夜の店舗を中心に活動した。

 開業支援だけでは終わらず、開業後のコンサルも受任し、継続的に店舗を支援した。

 2013年、ホテル新築プロジェクトを受任。

 土地の買収、ホテルの新築、それに相乗させた、温泉掘削、温泉配送、レンタカー事業、立体駐車場新築等のプロジェクトを受任した。約3年をかけ計画が実現した。

 

 2014年、有料老人ホームの新築開設では、裁判などの困難を乗り越え、開設し、開設後もコンサルを受任している。

 2017年、師の教えにより、最終処分場の新規許可手続きを受任。設置を抑制する外部環境もあり苦戦を強いられたが、

 約3年をかけて無事に許可を取得した。

 この案件が機会に、産業廃棄物業務を学び、自ずと、業務スタイルが産業廃棄物へ特化されていった。

 ​ 

 2018年、屋号を「TMsupport行政書士事務所」と改名。

 

 他、個人向けとして、生前から死後・手続から清掃までワンストップで行う終活支援業務、

 「生前整理、対策・エンディングノート・遺言書・成年後見・相続手続き・遺品整理」を推して活動している。

 行政手続きは様々な業務を受けてきたが、以上が主となった活動である。

 現在は、上記のとおり、企業向けに廃棄物関係、個人向けには、終活支援を主に活動している。

​ 

​行政書士 上床 紀貴  Toshiki Uwatoko

相談は無料です。お気軽に何でもご相談ください。

お問い合わせ

送信ありがとうございました